やばい!? SOS!静岡県

隠れやばい!? 10代・20代のトラブル事例

「受信料」冷静に 考える間もない、 強引な契約。

学校に通うため、一人暮らしをはじめて少しすると、公共放送の集金で事業者が来た。
学生も受信料を支払う必要がある。家族割引を利用できる」と説明された。
「親に相談してから決めたい」と伝えたが聞き入れてもらえず、勢いに負け、仕方なく契約した。
公共放送代理店と名乗っていたが、正規の募集人なのかも分からないので不安だ。
納得して契約した訳ではないので、解約することは可能だろうか。

今日イチやらかした

このやばい!?の対処法

  • テレビを観ることができる受像機がある場合、受信契約の対象となります。
    強引な契約を強いる業者の場合は、公共放送局の相談窓口へ申し入れを!
テレビを観ることができる受像機がある場合、放送法64条では「~受信契約を結ぶ義務がある」となっています。
公共放送から業務委託を受けている業者か公共放送局の相談窓口へ直接確認しましょう。
また、強引な契約に対する苦情や意見についても公共放送局の相談窓口へ申し入れましょう。

※2019年2月から低所得学生の受信料免除制度スタート。(要申請)
契約の場合は、放送法および放送受信規約に則った締結となっています。

(注)掲載されているのは、参考事例です。似たようなトラブルであっても、個々の契約・問題等、事情により対応が異なります。まずは、お近くの消費生活相談窓口までご相談ください。

相談する前にお読みください

相談窓口はこちら

ココがポイント!

正しく内容が理解できた上での契約か、一度冷静になって考えましょう。

やばみ度
1