静岡県知事からのメッセージ

静岡県知事 川勝平太

くらしの理想郷「美しい“ふじのくに”」の実現に向けて

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、私たちのくらしは大きく変化しました。「新しい生活様式」が定着し、自宅で過ごす時間が長くなったことで、通信販売をはじめとする在宅での消費に関するトラブルの増加が懸念されるなど、消費生活を取り巻く状況も、日々目まぐるしく変化しています。

 このような状況の中、県は、県民の皆様が安全に安心して暮らせる地域社会の実現に向けて、第3次静岡県消費者行政推進基本計画に基づき、消費者トラブルの未然防止や環境に優しいライフスタイルの確立等に取り組んでいます。

 特に、消費者被害に遭いやすい高齢者に対しては、市町と連携して地域一体となった見守り・声掛け体制を構築していくとともに、若年層に対しては、民法改正による令和4年4月からの成年年齢引き下げを見据え、消費生活の基礎知識を習得できる講座を実施するなど、被害防止に向けた対策を強化しています。

 また、持続可能な社会の実現のため、社会や環境に配慮した商品を選択する「エシカル消費」の推進にも取り組んでいます。地球上の誰かと自分の心を豊かにする「人が幸せになるエシカル消費」を、県民の皆様が主体的に選択し実践していただけるよう、普及啓発を図ってまいります。

 引き続き、安全で安心して暮らせるくらしの理想郷「美しい“ふじのくに”」の実現に向けて、消費者の視点に立った施策の一層の充実を図ってまいりますので、県民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。

令和3年3月

静岡県知事 川勝平太