消費者教育データベース

消費者教育のイメージマップから検索する

横軸のライフステージ、縦軸の重点領域から、検索したい箇所を選んでクリックしてください

幼児期 様々な気づきの体験を通じて、家族や身の回りの物事に関心をもち、それを取り入れる時期

小学生期 主体的な行動、社会や環境の興味を通して、消費者としての素地の形成が望まれる時期

中学生期 行動の範囲が広がり、権利と責任を理解し、トラブル解決方法の理解が望まれる時期

高校生期 生涯を見通した生活の管理や計画の重要性、社会的責任を理解し、主体的な判断が望まれる時期

成人期 特に若者 生活において自立を進め、消費生活のスタイルや価値観を確立し自ら行動を始める時期

成人期 成人一般 精神的、経済的に自立し、消費者市民社会の構築に様々な人々と協働し取り組む時期

成人期 特に高齢者 周囲の支援を受けつつも人生での豊富な経験や知識を消費者市民社会構築に活かす時期